地下鉄「西28丁目駅」から徒歩1分 さとうのりゆき歯科クリニック  札幌市の一般歯科・小児歯科・インプラント・審美歯科・歯周病治療・口腔外科・訪問歯科
さとうのりゆき歯科クリニック
院長紹介
診療案内
治療症例
スタッフ紹介
院長日記
訪問歯科
お問い合わせ
トップへ
日本訪問歯科協会
通院が困難な方やお体が不自由
な方の歯科往診サービスです。
日本訪問歯科協会のサイトへ
 
一般歯科 小児歯科 歯周病治療 インプラント 審美歯科 口腔外科
診療案内トップへ
 
歯周病の治療について
 歯周病は虫歯と並んで歯科の2大疾患のひとつですが、歯を失う原因としてはむしろ虫歯よりも恐ろしい病気です。特に年配の方が歯を失う主な原因はこの歯周病によるものです。昔は歯槽膿漏といわれていましたが、今では歯周病と総称されています。30代以上の日本人の80%が何らかの歯周病に罹患しているとさえ言われています。
歯科の主な病気である虫歯も歯周病も内科の糖尿病や高血圧と同じように生活習慣病であり、最初のうちはまったく自覚症状がなく進行します。生活習慣病ですから生活習慣を気をつけることによって、予防することが可能なんですね。病気はかかってから治療するより、予防するほうが簡単で費用もうんと少なくてすむのは当たり前のことですよね。
 歯周病を予防するためにはなんと言ってもブラッシングが重要なのは皆さんもご存知だと思います。
口の中はどんな人のお口の中も細菌の巣です。時間がたつと細菌が増殖して悪さをしだします。細菌が集まって糊状に固まった状態が歯垢(プラーク)と呼ばれます。
歯周病菌が成熟して悪さをしだすまで、大体48時間くらいかかるといわれています。ですからその前に細菌を除去すれば歯周病にかかる暇はなくなるわけです。しかしそれを長い間怠っていると、細菌の出した毒素などが歯の周りの歯周組織に炎症を起こし、しだいに骨が溶けてなくなって歯がぐらぐらして歯周病になっていきます。その際、歯と歯茎の間の隙間が深くなって歯周ポケットという状態になります。
健康な歯茎はポケットは2〜3ミリで、それより深くなると病的な状態ということになります。そこに更に細菌が侵入して毒素を出し、更に骨が溶けてポケットが深くなるという悪循環を繰り返すのです。
これを避けるためには原因除去、つまり細菌を取り除けばいいわけです。それにはブラッシングにより機械的に除去する方法が最も効果的な方法です。よくいい薬がないかと聞かれることがありますが、残念ながら特効薬はありません。もともと常在菌といって口の中に普通に存在する菌が原因の病気ですから、その菌を薬で完全にやっつけることは不可能なのです。特に歯と歯茎の境目の部分に歯垢をつけないように丁寧にブラッシングすることが重要です。その際には歯磨き粉は必要ありません。歯ブラシのみでいわゆる空磨きでブラッシングをしてください。15分くらいかけて丁寧にお口の中全体を磨くことを心がけてください。歯磨き粉をつけていないので洗面所でいちいち口をゆすぐ必要がありません。新聞見ながら、テレビ見ながらたっぷり時間をかけてやってください。これを1日1回やるように習慣付ければ、歯周病と無縁の生活を送ることができると思います。
  不幸にして歯周病になった場合、歯と歯茎の周りをきれいにする治療をやっていかなければなりません。具体的にはポケットの中の歯の表面に着いた歯石や汚れを徹底的に取り除く治療を行います。これは口で言うのは簡単ですがかなり難しい治療のひとつです。なぜかというとポケットの中を手探りで、スケーラーという器具を使って取り除くのですが、ほとんど目では見ることができません。ほぼ手の感覚だけで行うからです。ポケットが深ければ深いほど困難な治療になります。ポケットが深い場合は歯茎を切って開いて外科的に目で見えるようにして行うこともあります。
そうして歯根の表面をきれいにすると同時に抗生物質などを使ってポケットの中の細菌をたたいていきます。ようやくすべての歯の周りをきれいにして、やれやれやっと終わったと思うでしょうが、実はそれで治療が終わりではありません。すべてのポケットを健康な状態に戻すことはなかなか難しいことですから、やや深めのポケットが残る場合もあります。そのような場合には定期的に歯茎の状態をチェックし清掃していくことがとても重要なのです。かかりつけの信頼のおける歯医者さんに、歯周病といわれた方は定期的にチェックしてもらいましょう。
 
 
ページのトップへ
 
さとうのりゆき歯科クリニック