地下鉄「西28丁目駅」から徒歩1分 さとうのりゆき歯科クリニック  札幌市の一般歯科・小児歯科・インプラント・審美歯科・歯周病治療・口腔外科・訪問歯科
さとうのりゆき歯科クリニック
院長紹介
診療案内
治療症例
スタッフ紹介
院長日記
訪問歯科
お問い合わせ
トップへ
日本訪問歯科協会
通院が困難な方やお体が不自由
な方の歯科往診サービスです。
日本訪問歯科協会のサイトへ
 
一般歯科 小児歯科 歯周病治療 インプラント 審美歯科 口腔外科
診療案内トップへ
 
審美歯科の治療について
 審美歯科という言葉が最近はやっていて、ほとんど市民権を得て一人歩きしているような状況です。ホワイトニングやオールセラミックのクラウン、あるいはラミネートベニアなどいろいろな新しい方法が考え出されていますし、もちろん当院でもそれらを行っています。しかしそもそも歯科治療においては、特に前歯の治療において審美性を抜きにして治療を語ることは難しいと思います。
つまりずっと以前から、たぶん歯科が存在し始めたころから、歯科医師は歯(特に前歯)を治療するときはできるだけ見た目がよくきれいに治療してあげようと思って努力し、治療してきたはずです。もちろん奥歯についても同様です。それがなぜ最近になってクローズアップされ始めたのか正直私にはあまり理解できません。たぶん歯科の医療費が減少して歯科医院の収入が減りつつある中で、マーケティング的に前歯にセラミックなどの冠を入れることが保険外診療でもあり、有望な分野に見えたのかもしれません。
 私は大学で補綴学(ほてつがく)という冠やブリッジあるいは入れ歯を入れることを専門に研究する講座に長く在籍していました。そういうところにいると、たとえ保険の歯、保険の入れ歯といえどもできるだけきれいに、なるべく自然に、できるだけ患者さんのお口の中に調和するように入れたいという、習性といいましょうかそういう気持ちが染み付いてきてしまうもののようです。保険上の材質や材料の制約はこれはもう如何ともしがたいものがあるのですが、それは仕方がないものとして、それでもなおその制約の中でベストを尽くしたいと思って日々悪戦苦闘しています。
 その中で私がいつも思うことは、ただ歯だけをセラミックかなにかで白くきれいにしても不十分だということです。歯の周りの歯周組織、要するに歯茎を健康な状態にしないと本当に審美的な美しい歯にはならないのです。これはかなり根気の要る時間のかかる仕事です。歯を白くするだけでなく歯茎の治療、いわゆる歯周病の治療をしなければならないのですから、患者さんも時間がかかって大変です。もちろん歯茎の治療をしている間は仮歯を入れて治療するのですから、見た目はある程度確保されているのですが、それでも痺れを切らした患者さんにせかされてつい先を急いでしまうこともあります。
しかし歯茎の治療や根の治療は、歯科治療を家を作ることにたとえれば基礎工事にあたりますから、これをおろそかにすると後々後悔することにもなりかねません。だから時間の許す限り、基礎工事である歯茎の治療はしっかりとやるべきなのです。その基礎工事が出来上がったあとは、あとはもうただ正確に、できるだけ精密に削って型を取って技工士さんに渡し、丁寧に作ってもらうだけのことです。この部分は補綴治療の経験をつんだ歯科医師にとってはそう難しいことではありません。
健康な歯茎は審美歯科治療の基本であるということをわかっていただいて、いつまでも美しい状態を保つために、歯だけに注目するのではなく、歯周組織も含めてトータルに治療することをお勧めします。
歯を白くする材料としては、ポーセレン(陶材)、ハイブリッドセラミック、硬質レジンが代表的なものです。保険で使用できる材料は硬質レジンだけでその他の材料は保険外診療になります。現在一番自然の歯に近く作ることができる材料はポーセレンです。いずれの材料も長所と短所がありますから、よく歯科医と相談して決めることがよいでしょう。
審美歯科症例
 
ページのトップへ
 
さとうのりゆき歯科クリニック