地下鉄「西28丁目駅」から徒歩1分 さとうのりゆき歯科クリニック  札幌市の一般歯科・小児歯科・インプラント・審美歯科・歯周病治療・口腔外科・訪問歯科
さとうのりゆき歯科クリニック
院長紹介
診療案内
治療症例
スタッフ紹介
院長日記
訪問歯科
お問い合わせ
トップへ
日本訪問歯科協会
通院が困難な方やお体が不自由
な方の歯科往診サービスです。
日本訪問歯科協会のサイトへ
 
一般歯科 小児歯科 歯周病治療 インプラント 審美歯科 口腔外科
診療案内トップへ
 
口腔外科の治療について
 歯科医療はもともと外科系の医療行為です。歯を削るということは体に侵襲を加えることであり、これは外科治療行為そのものです。ですからあえて口腔外科などとかかなくても一般の歯科医はすべて外科治療行為を行っているのです。
しかし例えば口の中に発生するもっと大きな病気、あるいはメスを持って手術をしなきゃならない病気のときに一般の歯科医院がすべて対応できるかというと、そうとは限らないので、口腔外科という歯科の1分野を作ってそのような病気に対応できるようにしたのです。
 当院の対応できる口腔外科処置は外来で局所麻酔でできる小手術の範囲に限られます。全身麻酔の必要な手術は北大口腔外科に紹介することとなります。当院でできる処置は具体的には親知らずや埋伏歯の抜歯、歯牙の移植や再植、のう胞や小さな腫瘤の摘出術、顎関節症の処置などです。
しかしそれだけで口腔外科疾患の8割くらいを占めると思います。大きな腫瘍、外傷による骨折、噛み合わせを外科的に矯正する処置などは全身麻酔が必要となりますので北大口腔外科とタイアップして行うことになります。
  口腔外科処置は一般歯科治療の最後の手段として行われることが多いですね。
一般歯科治療でなかなか治らないとき、例えば根の治療をしばらく続けてもなかなか膿が出るのが治まらずいつまでも症状が取れないときなどは外科治療を行うと治りが早く、スキッと治すことができることが多いです。というよりはもともと根の治療だけで治すことが限界の場合も多いのですが。
1例として根の先にできる歯根のう胞という病気がありますが、これは体調の悪いときに腫れたり痛みの出たりする病気です。のう胞は一度できると消えることはないといわれています。外科的に取り除くしかないのです。ですからこの場合は根の治療が最初は必要ですが、最終的には外科的に歯根のう胞を摘出することが必要になってきます。また親知らずの炎症も若い人には厄介な病気の一つです。時にはとても腫れて口が開かなくなったりします。
このような時親知らずはたいていはきちんとはえておらず、埋伏状態となっている場合が多いですね。このような親知らずを残しておくと何度も腫れを繰り返したり、手前の歯が虫歯になったりしますので抜歯することになります。しかし一般の歯科では抜歯できないことも多く、口腔外科の出番となります。
このように口腔外科処置はかなりニーズの高い処置ですので、近くの歯科医院でどの医院が口腔外科に対応しているか知っておくと、いざというとき役に立つと思います。
 
ページのトップへ
 
さとうのりゆき歯科クリニック