地下鉄「西28丁目駅」から徒歩1分 さとうのりゆき歯科クリニック  札幌市の一般歯科・小児歯科・インプラント・審美歯科・歯周病治療・口腔外科・訪問歯科
さとうのりゆき歯科クリニック
院長紹介
診療案内
治療症例
スタッフ紹介
院長日記
訪問歯科
お問い合わせ
トップへ
日本訪問歯科協会
通院が困難な方やお体が不自由
な方の歯科往診サービスです。
日本訪問歯科協会のサイトへ
 
一般歯科 小児歯科 歯周病治療 インプラント 審美歯科 口腔外科
診療案内トップへ
 
インプラント治療について
 歯を失って入れ歯やブリッジでは満足できないときの最後の手段がインプラント治療です。
インプラントとは日本語で人工歯根といいますが、あごの骨の中にチタン製の人工の歯根を入れて、骨とくっつくのを待ち、その上に歯をかぶせてかませる治療のことです。
ほとんど自分の歯のようにかめるのが最大のメリットですね。見た目もかなり満足させることができますよ。
最近のインプラント治療にはほんとに目を見張る進歩があります。昔はインプラント治療といえば、怪しい治療の代名詞のように言われていたときもありました。私も歯医者になりたての20年前はまゆつば物の治療で、とても手を出せる代物ではないなと思ってました。それで若いころは入れ歯の治療を上手になるよう一生懸命努力しました。
しかし所詮入れ歯は取り外しです。自分の歯とはまったく違うものになるのは当たり前ですし、限界もあります。たとえば下の奥歯の片側が2〜3本ないケースがあったとしましょう。これなどは入れ歯をどんなにがんばって作っても、患者さんを満足させることはかなり難しいです。なぜなら反対側に奥歯が残っているとそこで咬めるから、わざわざ無理して異物感の強い入れ歯を入れてくれないんです。しかしそこにインプラントを入れるとぜんぜん患者さんの反応が違います。まったく自分の歯と同じように咬めるのでとても喜びますよね。
片側だけの欠損であれば間違いなくインプラント治療がベストの治療だと断言できますね。
あと事故か何かで歯を1本から数本失って残りの歯はきれいな状態で残っているとき。このような場合もインプラント治療がとても有効ですよね。ほかの治療では残っている歯を削らなければいけないことが多いんですが、インプラントではそんなことはありません。
欠損している部分だけをまったくもとの歯と同じように治すことも可能です。
 このようにインプラント治療はいい事だらけのように聞こえますが、もちろんそんなことはありません。まずインプラント治療が行えるためには、その土台となる骨がしっかり残ってなければなりません。インプラントを入れたい部分の骨が少ない場合は、まずそこから治療していかなければならないことも多いです。簡単に言ってしまうと少ない骨を何とか増やしてからインプラントを入れるんです。増やす方法として自分の骨を使う方法と人口の骨を使う方法の大きく分けて2つがあります。どちらも一長一短があってどちらがいいとは一概には言えません。
ただ最近の傾向としては、自分の骨より人口の骨を使うことのほうが多いように思えます。こうしてまず土台の骨を増やしてからようやくインプラント治療ということになることもあります。この場合手術回数も増えるし、治療期間も長くなることが多いですね。
私の考えとしてはなるべく手術の回数は少ないほうがいいと思うし、骨を移植するなどのことは必要最低限で済ますよう努力しています。
患者さんの状態によるので、どこまでを希望するのかよく話し合って治療方針を決めています。
 2つ目のインプラントの欠点として、100%成功するとはいえないということです。ごくまれに骨の状態によっては、入れたけどもくっつかずに失敗することもあるということですね。
インプラントの成功率は、90%以上あるといわれていますが、仮に95%としても、20本に1本は脱落してしまうということです。下あごに入れる場合より上あごに入れる場合のほうが若干成績が悪いですね。なぜかというと上あごの骨のほうが下あごより柔らかくてインプラントとのくっつきが悪いことがあるんです。人間のやることには絶対はないので、失敗もあるということです。どの先生もそうだと思いますが、私もその失敗を避けるよう最大限努力してあらゆる方策を講じてやっています。幸いうちで行ったインプラント治療ではまだ大きなトラブルは経験していませんが。しかしこれは突き詰めると確率の問題なんですね。どんな手術でも100%成功ということはありえない。失敗したときの次の手は常に考えておかなきゃならないですね。
  3番目の欠点はこれはもういうまでもなく費用が高いということです。インプラント治療はまったく保険がききません。だから本数が多くなるとかなり高額な治療になりがちです。しかしこれから先もインプラントが保険適応になることは多分ないでしょう。もう国の医療費はパンク状態で財源がありませんから。
自由診療なので値段の設定は歯科医院によってまちまちだと思います。しかしインプラントのパーツそのものが高いものなので、1本あたりの値段を極端に安くはできないですね。
それでも当院の値段設定はかなりリーズナブルな値段だと思いますよ。知りたい方はメールでお問い合わせください。
  4番目の欠点としては、これは欠点といえるかどうかわかりませんが、治療後のインプラントの清掃を一生懸命がんばってもらわなきゃならないということです。今までの自分の歯以上に丁寧に歯ブラシをしてもらわなければなりません。あるいは歯間ブラシも必要になってくるかもしれません。インプラントの周りが不潔で汚れていると、歯茎との隙間からばい菌が入り、インプラントの周りが炎症を起こすこともあります。ひどいときにはインプラントがぐらぐらになって、とらなきゃならなくなることもあります。そうなってはせっかく高い治療費を払った意味がなくなってしまいます。そうならないためには定期的に歯科医院で清掃状態、骨との結合状態、かみ合わせの状態をチェックすることが必要になります。定期健診について口をすっぱくして説明する歯医者さんは信頼できると思います。一般的には3ヶ月から6ヶ月の間で定期健診を行うのが普通でしょう。しかしたいていの方は高い治療費を払っているので、お口の中に対する意識が高くなって、一生懸命磨いてインプラントの周りがぴかぴかになっていることが多いですね。本当はこれをインプラントになる前にやれば歯を失う必要はなかったんでしょうけど。

 インプラントの手術は思っている以上に簡単に終わることが多いです。患者さんが拍子抜けしてしまうこともしばしばです。なぜならインプラントのオペはすべて規格化されたオペだからです。歯の移植のオペのほうがよほど難しいといえます。それは植えようとする歯の形態がばらばらで、そのときにその場で対応しなければならないからです。
インプラントの形態は1種類のインプラントではほぼ一緒ですからその点では考える必要がありません。
術後の腫れや痛みもほとんどないといっていいでしょう。ただ本数が多くなったり、骨を足す処置を一緒にやったりすると手術時間も長くなるし、腫れや痛みが多少出てくることもあります。

インプラント症例
 
ページのトップへ
 
さとうのりゆき歯科クリニック