地下鉄「西28丁目駅」から徒歩1分 さとうのりゆき歯科クリニック  札幌市の一般歯科・小児歯科・インプラント・審美歯科・歯周病治療・口腔外科・訪問歯科
さとうのりゆき歯科クリニック
院長紹介
診療案内
治療症例
パーフェクトぺリオ
CT撮影装置
スタッフ紹介
院長日記
訪問歯科
お問い合わせ
トップへ
日本訪問歯科協会
通院が困難な方やお体が不自由
な方の歯科往診サービスです。
日本訪問歯科協会のサイトへ
 
 
 
 
ProMax 2D/3D
パノラマ撮影、セファロ撮影、CT撮影が1台で可能
 
CT撮影装置とはComputed Tomographyの略で、X線断層撮影装置のことです。

 簡単に言うと撮影部位の形態を立体的あるいは3次元的に把握することのできるX線装置です。
従来のパノラマレントゲン撮影装置ではお口の中の状況を2次元的に平面でしか見ることができませんでした。
これでは病変の奥行きがどこまで広がっているか、あるいは歯根の形態が不規則に曲がっていてもその形態を正確に把握することは困難でした。
しかしCTを撮影すれば3次元的にその形態を見ることができます。歯科の外来で行う手術はあごの骨の中を取り扱う手術がほとんどです。口腔外科の手術を行うときに顎骨内の形態を3次元的に前もって把握しておくことは、手術を安全に行う上でとても重要なことです。
前もってわかっていれば術前に手術のプランをより正確に立てることができ、不測の事態が起こるのを避けることができるのです。

CTは硬組織の形態たとえば骨や歯の形態を撮影するのにとても便利な装置で、あごの骨の中の状況がとてもよくわかります。もちろん上顎洞粘膜や歯肉など軟組織の形態も見ることができます。以前は当院では必要があれば外部の医療機関に依頼して、患者さんにわざわざ足を運んでもらって撮ってもらってました。
しかしそれではなかなかスピーディーに対応することができませんでした。しかしこれからは必要があれば自院ですぐに撮影することができます。
もう一つの利点としては最近の歯科用コーンビームCTは医科用のCTに比べてより鮮明に撮影でき、しかも被爆線量が少ないことです。被爆線量が少ないことは患者さんにとって大きなメリットになります。

このようにいいことずくめの装置ですが、欠点は高価なことで小さな歯科医院単独で導入するのはかなり負担が大きく、今までは個人の歯科医院にはほとんど入っていませんでした。

 
Romexis 断層ビュー(高分解能情報)
 

しかし最近値段が徐々に下がってきており当院でも導入を決めました。

 親知らずの抜歯、歯根端切除術、インプラント埋入手術、歯周病のフラップオペなど、これらはいずれもあごの骨の中の外来の小手術です。これらのケースでは術前のCT撮影がこれからは必須になると思います。また根管治療や通常の歯周病治療のケースにおいても歯根周囲の骨の欠損がどれだけ広がっているかを診断することは、その歯の予後を見通すうえでとても重要です。
 より正確に診断でき、より安全に手術ができるようになり、術者も患者さんもストレスなく治療に臨むことができる、これからの歯科医療には欠かせない装置、それがCT撮影装置であるといえます。

   
さとうのりゆき歯科クリニック